DSC_0075

負けたままで終わるわけにはいかない。
前回の秋植えは完膚なきまでに負けた。
猫に踏み荒らされたのを皮切りに
幾度もやってくる災難に叩きのめされた。






 






DSC_2585

5株からの収穫量がこんだけww
芽かきもおろそかなら 追肥も適当。
そりゃそうなるわな。

何度も言うが 
「植物なんか植えときゃ勝手に成るんやろう?」
     そう思ってきた。ずっと。












DSC_0077

負けん!負けてたまるか!
連作じゃ!


ジャガイモに連作はご法度。
だが人間の英知はジャガイモを超えるのだ!













DSC_0079

とにかくありとあらゆる情報を読み
出来る限りの策を。
体力の続く限り 底の底までかき回し
土作りに専念。
3ヶ月かけてじっくりと土作り。
菌だとか剤だとか墨汁だとか酵素だとか・・・

微量撒いてはかき混ぜ 
微量撒いてはかき混ぜを何度繰り返したことか。
フカフカとまではいかないが そこそこの感じにはなった気がする。








DSC_0784

いつものごとくグッデイで種芋ゲット。









DSC_1574

そのまま植えるか 切って植えるか毎回悩む。
そして毎回切って植える。貧乏性だから。
そこにはまた新たな悩みが。
切り口を放置して乾燥させるのか
草木灰を塗って植えるのか。
そして今回は 乾燥させた上で草木灰を塗る。








DSC_1575

荒野のれき漠と化したハーブのよせ植え。
これを燃して草木灰とする。







DSC_1579

ビビった。マジビビった。
ハーブは死してなおハーブだった。
燃焼とともにそこいらへんに撒き散らかされる強烈な匂い。
ちょっとライトな催涙弾級。






DSC_1725

DSC_1728

頼む! イキロ!

種芋3個をすべて半分に切って6個にしたのだが
株間を考えるとどうしても5個しか植えられない。








DSC_1729

ほぉら!おご馳走だ!







DSC_1727

あ トマト植えてたプランターがあった。
プランターでジャガイモは可能らしい。
そこそこの深さがあれば。








DSC_1730

何もしていなかったので カサカサのサラサラである。
なんの栄養も無いように思える。
だが待て。
ジャガイモはそもそも痩せた土地でも生育するからこそ
世界中に広まったとなんかで読んだぞ。











DSC_1731

生きてみろ!
俺にその生命力を見せてみろ!








DSC_1732

こいつはスパルタで鍛えることにした。
最初に水だけはやろう。
あとは知らん。
おまえの生命力とやらを見せてもらおうじゃないか。









果たして
3週間後











DSC_2439

キター! わっさキター!
芽かきしてこれである!
がんばれ!イキロ!
3ヵ月後の我が家の食卓はおまいらにかかっているんだ!


そしてあいつは・・・









DSC_2440

うぉっ! 出た!
さすがにワッサーとは来ないが 緑はあほほど濃い!
つえぇな!こいつ!
貧乏性な俺は スパルタで育てる実験を中断することに決めた。
今からバシバシ追肥だ!(やりすぎはあかんらしいけど)


Q:なんでそんなにジャガイモなのか?

 A:好きだから