DSC_0177

かつお菜。うまくね? 大好きなんやけど。
鰹の味わいがあるからかつお菜。
奥歯でごいごい噛むと 確かにそんな風な味わいがある。

なんで正月しか無いんかね?
もっとずっと売ったらいいやん。

 

DSC_0217

お雑煮に入れるくらいじゃもったいないわけよ。
この「博多名物 かつお菜」を
どうにかできないものかと・・・









DSC_0181

ゆでる









DSC_0184

混ぜ込む








DSC_0190

焼く








DSC_0195

ん~~~ イマイチ。
かつおの旨みは飛んでしまって ほのかな苦味だけが残った。













DSC_0218

再チャレンジ。








DSC_0221

生で入れる。








DSC_0224

前回のはたぶん 火を入れすぎたのが失敗原因。
だからナマで入れちゃう。








DSC_0226

インスタ映え的なのも作ってみる。







DSC_0227

肉まん的な









DSC_0228

シュウマイ的な









DSC_0229

かつお菜置いて







DSC_0230

皮かぶせて







DSC_0231

さらに具をのせて







DSC_0232

二重管的かつお菜餃子。
ブラックキャノン的な。
※ブラックキャノンわからなかったらググル!









DSC_0233

むしろかつお菜のみ!









DSC_0253

焼く。

絶対失敗すると思われた「映え狙いかつお菜餃子」が
意外と緑鮮やかにできた。






DSC_0255

結論から申しますと
うまい!






DSC_0261

かつお菜の旨味そのままに
具とのハーモニーがすばらしい!
こりゃすげぇ!

川原俊夫さん的に 製法も特許もとらないから みんな真似しろ!
新・博多名物 かつお菜餃子の爆誕だ!






DSC_0267

かつお菜しゅうまいは ダメだな。









DSC_0263

かつお菜のみ餃子は もっとダメだ。