DSC_1327

ローソンで革命がおきたらしい。
「サンドイッチ革命はじまる!」

革命がはじまる!ってことは近未来を示すのか?
shallなのか?
革命がはじまった!では 今、その革命が継続していることになるし
革命が起きた!でも 継続っぽいし
革命が終了した!ではなんかおかしいし
どう言えばいいんだろうねぇ?

まぁそのサンドイッチに革命が起きたらしい。
基本的には「パン」に革命が起きたらしいんだけどね。
 




DSC_1318

サンドイッチはこれで計られるべき。
「レタスハム」

この種のサンドイッチはセブンが王者。
レタスのシャキ具合、味わいの深さ セブンがKINGである。
サンドイッチ界のKINGがレタスサンドであるからには
セブンのレタスサンドはKing of Kingなわけである。









DSC_1320

Kingを倒す。絶対王政のKingを倒すことこそ革命だ!







DSC_1321

うっ! ハムの分量が多い。
やばい。革命に暗雲が立ち込める。













DSC_1322

うむ うまい。
チーズとハムの分量がレタスに対して「適」である。
だが無難。あまりに無難。
あのセブンのサンドイッチの
過剰なほどのジャキジャキ音の衝撃。
あのヒトクチ目に俺らを襲うあのジャキジャキ音の 
あのインパクトには敵わない。

パンのしっとりもっちり具合もいい。
セブンのレタスサンドに
『勝らないとも劣らない』と断言しよう。




だが ローソンのサンドイッチ革命はこんなものではなかった。









DSC_1414

ハムカツミックスサンド。








DSC_1415

ハムカツと焼きソバである。
攻めた!ローソンが攻めた!

陳列棚には
「お客様の声に応えた商品」とかなんとか書いてあった。
お客様の声に応えすぎだと思う。
ってか 何人がこの商品希望したんだよw









DSC_1416

ソース。
口の中の87%がソースにまみれる。
市場にソースを求める声が在ったのであれば
これほど市民の声に応えた商品は無い。






DSC_1417

うむ まさに革命。
市民の声に応え 今までの概念を覆す。
例えそれが後に「行き過ぎ」との声を生むとしても。

これはサンドイッチ界の「ロシア革命」だと断言しよう。