DSC_1010

栗饅頭。

俺を知る人からすると 「は?」 だと思う。

そう 俺が栗饅頭!
栗饅頭はおろか栗でさえどうかというw

いやそうよ。うん。どっちかいうと苦手食い物。
栗饅頭つったら ほら スーパーのパンコーナーの端っこで
なんかほら よくわからんビニールに密封されててさ
買い物のついでに母ちゃんが買ってきて台所に置いてあって
学校から帰ってきてなんも食い物無いから仕方なく食うんだけど
なんだか口の中でモサモサしやがって
そもそもガワもそこそこモサモサで
中身は世界最大級のモサモサで
半分くらい食ったところで
「やっぱバンメシ待っとけばよかったー」って後悔しながら
モサモサに耐えられず飲みもの探すけど
お茶を飲むには湯を沸かさんといかんから 
それめんどくさくて 水飲んだら
口の中でモサモサが水と馴染むこともなく・・・
そんな栗饅頭。


 

 




 

DSC_1009

二鶴堂
久しぶりにパパイア鈴木見たら
なんだか変な踊りやってるんだけど妙に脳に残るCM。
あれが二鶴堂。

某在福民放TV局の営業のえらいひとが
ここの栗饅頭が途方もなくうまいと絶賛。
今日もアサメシに食ってきたと。
お付の若い人らが「ウンウン」と深くうなずく。
そして若い人は「洋酒にめちゃめちゃ合う」と。

二鶴堂の栗饅頭 どんだけ!www












DSC_1008

たかっ!!!
いいお値段すんなー!
コンビニのレジ脇で100円もしないんじゃね?

1個でも売ってくれるんで 買ってみた。











DSC_1011

まずは見た目がいい。
このツヤ感。

だが俺は何度もこのツヤに騙されてきた。
ツヤっぽいんでツヤっぽいのかと思いきや
究極にモサい。 
それが栗饅頭。 俺は知ってる。











DSC_1012

ああああああああああっ!!!!











DSC_1014

いや モサい。
栗饅頭ならではのモサ感はある。
だがそれは栗饅頭の栗饅頭たるアイデンテティ。
モサい。だがしっとり。相反する要素がここに昇華している。
その基礎概念はガワにも。
外側から内側へとモサ度は緩やかに上昇するものの
決して成年耐用度数を超えることは無い。
そして栗。ごろっとデカイ。
ぐっと噛み締めればモサと甘さが融和して
喉の奥と そこに隣接する頬の内側にねったりと絡みつく甘さ。
だがそれが心地よい。

これは世界最高級クラス栗饅頭!
お歳暮はこれにキメタ。
某民放局営業のエライ人。ありがとう!




ちなみにネットで買おうとすると
二鶴堂のネット通販でしか買えない。
店舗も一部店舗でしか売っていない。
https://www.nikakudou.co.jp/commodity/index7.html






DSC_1016

どれくらいネタネタが心地よかったかと言えば
すぐにコーヒーを飲まず 小1時間はネタネタを楽しんだほど。