DSC_0881

ファミマで購入できるFX3000。
なんとタウリン3000mgで100円!
しかもこれ よくよく見たら
TAGIRU FX3000 だった!

タギルてwww

ドラッグストアで買うと 
タウリン1000mgで100円 タウリン3000mgで150円
そんなんが相場。
やるな!ファミマ!
 
ところが他社も黙ってはいなかった!

 
 


DSC_0840

トップバリュはタウリン2000mgで59円だ!
タウリン量は2/3。価格は59/100。
2/3=0.66666......
59/100=0.59
2/3>59/100ということで オトクなのである!







CIMG2184

片や Mr.MAX。
タウリン2000mgで95円。
タウリン3000mgで105円。
たいしたことはない。
まぁまぁ安い程度。










CIMG2185

だがケース買いするとめっちゃ安い。
タウリン3000mgが10本で537円!
1本あたり53.7円
糖質ゼロだとちょっと高い。









タウリンって何?









タウリン(英: Taurine)は、構造式がH2N-CH2-CH2-SO3H の物質。別名アミノエチルスルホン酸。IUPAC名は 「2-アミノエタンスルホン酸」。タウリンは常温では、無色の柱状の結晶。水溶性であり、エタノールには不溶。分子量 125.15。約300℃で分解する。 生体にとって重要な物質であり、ヒトにとっても重要であり、イカ・タコ・カキなどの軟体動物では組織に遊離状態で豊富に存在し、また他の様々な動物の体内でも見つかっている。 タウリンは生体内で重要な働きを示す分子であり、含硫アミノ酸から合成される。なお、タウリンはカルボキシル基を持たないため、狭義にも広義にもアミノ酸には分類されない[注 1]。タウリンは、原則としてタンパク質を構成せず[1]、DNAの遺伝暗号にもコードされていない(参考:タンパク質を構成するアミノ酸)。通常、遊離状態で種々の動植物の組織中に見出される[2][3]。 有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される


はぁ・・・???






・胆汁酸の分泌を促成し、肝臓の働きを促す作用。 
・肝細胞の再生促進作用。 
・細胞膜安定化作用。



うむむむむ・・・


要はこれ アミノ酸なんだってさ。
なるほどね。











そして 意外な伏兵が!







DSC_0709

カインズ トップカイザー3000
1本60円 10本なら498円 1本あたり49.8円!







DSC_0710

しかも 糖質ゼロもおなじ値段! 
これは買いだろ!
カインズいいなぁ。
福岡西店出来ないかなぁ。









DSC_0711

ちなみに 眠眠打破的なドリンクも安かった。