CIMG3667

ペヤングである。
ペヤングの焼きそばは 数々の亜種を生み出すのだが
そのほとんどは泡沫的に消えていく。
サニーで20%引き。処分である。
 

CIMG3669

開けてみればなんちゃない。
ソースとかやく。








CIMG3670

かやくをばら撒くと 強烈なイカの匂い。
いつも思っているんだが イカは臭い。
食えばうまいし大好きなんだが イカそのものは臭い。





CIMG3672

そしてペヤングダバァできない。









CIMG3675

だからといってイカの味わいが広がるわけでもなく
イカスミソースで真っ黒!になるわけでもなく
味的にもビジュアル的にもたいしたことはない。








CIMG3676

そもそもこの手合いの企画モノはリピートなど狙ってはいない。
ロットである程度の量作って 
流通各社の棚を賑わせたらそれでおしまい。
幸運にも売れたらリピ生産・・・ それもしないかもしれない。
そんな商品。
いいじゃないか。楽しくて!
ペヤングくらいの小回りの効く企業がそんなんやりやすい。









CIMG3666

こいつの失敗はパッケージだと思う。
「イカした」この言葉のみで何を想像しろというのか。
なんの説明もない。
○○産イカ使用!とか ○○製法!とか ○○仕込みソースが!とか
何もない。
実際、イカが具であること以外に何もないんだが
それでも何か謳いようがあっただろうに。
いや、むしろいい。その潔さがいい。









CIMG3677

俺たちを騙す文言は一切無い。
謳い文句ばかりで中身のない商品のなんと多いことか!
いい。この潔さがいい。