最近 Youtubeで野球見る。
オキニは PacificLeagueTV。
この「パリーグまとめ」みたいな動画がもうキュンキュン来る。
編集のセンス良すぎ。

こんな「悠々と見送る」なんて生まれて一度もやったことないw
打った瞬間自分で入ると確信したことなんか無いもん。
そもそも経験が無いから 確信に至る感覚が備わってない。
ほんの数度フェンス越えしたときも 
それを確認したのは セカンドベース手前。
そこまでは全力疾走してるもん。
フェンス越えでも ポップフライでも
打球の行方など見もせずにダッシュ!
それが俺w
 

 





これは何度もあるぜぇ。レベルは相当違うけどw
動画見ながら 外野手が投げる瞬間に
心の中で言葉が出る。
「い~~~ よいしょー!」
「な~~~~ めんな!」

1アウト・ランナー2塁とか
1アウト・ランナー3塁とか 
もうそんなシチュエーションは右翼手にとっては大好物。
「さぁ来い。ちょうどいいやつ来い! ちょうどいいやつな。ムズいのはダメよ。」
って 延々と心の中で念じてる。

「来た! よっしゃ来た来た~~~」
視界の端にランナー確認しながら
「なめんなよ~~~」って捕球して
「どぉりゃっ!」

どおりゃっ!って投げてる雰囲気するんだが 実はセーブしてる。
ちゃんとストライク返球になるように。
アウトになろうがセーフになろうが ストライクじゃないと意味がない。
「あのライトは要注意」にならない。

中継の内野手が「これはイケる!」って感じて
俺の返球をスルーしたときに 俺は認められた気がする。











違うよ。偶然じゃないんだよ。
どんなに泳がされてもブレない軸と回転力と壁。
まるでバットが自分の体の一部であるかのように
指先でボールに触れるがごとく必ず芯で捕らえるコントロール。
たゆまぬ練習と選ばれし感性の賜物。











俺には絶対にあり得ないプレー集。
ショーバン怖いもんw
ゴロの基本はショーバンとか ワケ解らんw
仕方なく内野やらされるときは 
気合で突っ込んで エラー前提で体に当ててから投げるのが俺の基本w
体に当てられない逆シングルはエラー確率90%。
だからこそ憧れる。










これもできません。
なぜか。
ベンチで怒られるの怖いからw









素材を撮ったカメラマン。
ピックアップした編集マン。
双方のチームプレー。
これがやりたいから 
スタメンでなくてもいいからベンチ入りたいんだよね。










しかしこの編集のひと 野球好きだよねぇw
野球好きっていうよりプロ野球好き。
もうこのひとに任せておけば 企画から納品まで何も問題無しって気がする。
この動画タイトルなんか「私が好きな・・・」だからねw
いい仕事してれば いつか必ず認められるって証のように感じるよ。
俺もいい仕事しなくちゃ。









え? 見逃し三振なんてのは
そこに至る配球とか それ以前の試合展開とか
そんなんがあってそこに至るわけで
その瞬間だけ切り取っても・・・・
と 思いきや じっくり見てると
この編集マンが魅せたかったのは
選手でも球筋でも無いことが解った。
もう1人にしか目が行かないw
俺らの試合でもこれくらい派手にやってくれると楽しいなぁ。


 
PacificLeague TV (パ・リーグTV 公式)
https://www.youtube.com/channel/UC0v-pxTo1XamIDE-f__Ad0Q