CIMG7964

UFO上海オイスター焼そば

 見た瞬間買うと決めた。
 俺のオイスター好きは たてる先生のウスターソース好きに
 勝るとも劣らない。
 
 
 

CIMG7965

おっと!!! かやくだ!
本家UFOから「かやく」が消えて何年が経つのだろう。







CIMG7966

本家UFOから 「かやく」に直で熱湯をかけるという楽しみが消えてから
何年が経つのだろ(以下略

この白いのはなんなんだ?






CIMG7967

ソースは温めろと。
温めた上でもみほぐせと。
波線までつけて書いてある。








CIMG7968

ソースもみもみ







CIMG7970

ソースかけると その瞬間沸きあがる焼き炒めた香り。
一瞬で消え去るが。









CIMG7971

うまい!
炒めた雰囲気はさらさら無くなったが 
オイスター独特のコクが満載だ!
これをフライパンでひと炒めして 
プラスチックの皿に盛ったら 
なかなかの上海屋台具合かもしれない。









CIMG7972

しかも この麺、 若干細くて







CIMG7974

むっちゃ長い!

すすってる時間が長い=楽しい。
そしてそのすすっている時間に鼻の中に広がるオイスターの香り。
そういうところも開発段階で煮詰めているのだろう。
さすがの日清。








CIMG7975

ハイボールにも合う!
だがこれはUFOである。
UFOには最も適する食材が在って
それに適するかどうかがこのUFOの価値を決める。







CIMG7976

惜しい!
タッチの差で飯合度は本家UFOの勝ちだ。
100m地点で20cmの差。
むしろ本家UFOを食いたくなってしまった。
UFO丼が食いたい。







CIMG7977

かやく袋の白いものは もやしだった。

ここで沸く疑問。
ソースをもまなかったらどうなるんだろう?








CIMG7963

大丈夫。
あとふたつある。