もう8回くらい見た。

朴訥とまじめに生きること。
それがたとえ時代にそぐわなくとも
今目の前に在る仕事に対し全能力で対応する不器用な男。

時に国を捨て 時に国に戻る。
変節漢のようにも思えるが その行動の源泉は「家族」。

2003年の映画なので 佐藤浩市の特殊メイクがちょっとヒドい。
だがそれ以外は本当に良くできた映画。
最初から最後までまったく飽きない。
俺の仕事に対する考え方を少し変えた映画。

http://amzn.to/2nb3J1p