IMG_20170130_150847


こいつぁすばらしい。
セブンの本気をビシビシ感じた。


 
IMG_20170130_150117

幕の内弁当398円(税込み)に対し
焼さば折詰め幕の内弁当は 500円(税込み)
その価格差わずか102円。









IMG_20170130_150926

一番外側の 擬似木な発泡トレー。
安っぽい。だが紙に印刷してあるよりもずっといい。
なぜなら駅弁を髣髴させるから。
そこはかとなく昭和の香り。









IMG_20170130_150950

まずは鯖がデカイ。
多くの博多人同様に 俺も無類の青魚好き。








IMG_20170130_151023

箸で持ち上げてかぶりつく その所作も楽しい。










IMG_20170130_151119

だが この弁当の醍醐味は鯖ではなかった。
上品に味付けられた数々の和のおかずたち。
濃すぎず 薄すぎず 一つ一つの味わいが際立ち だが邪魔はしない。
食べていて思わず顔がほころぶ。
自分が日本人であることを強く意識させる弁当。








IMG_20170130_151305

ほうじ茶でいただく。
「あれっ? ここ京都?」 そんな錯覚さえ抱かせる。











IMG_20170130_150847

その味わいからすれば 圧倒的コストパフォーマンス。
他のコンビニの追撃を 軽々と撥ね退けるクォリティー。
若かった頃には決して解らなかったであろう緩やかな味のハーモニー。

いいぞセブン! もっとやれ!